あんにゅいじゃなきゃ、、、いや

ほそぼそと3年目、これからもぼちぼちと

自称エッセイスト、理想の生活にむかって、書く

いつの日だったか、まだぼうやがハイハイもできぬ赤子だった頃

だっこして近所をぷうらぷうら

歩き回っていたころに、ふと空をみあげて

気づいたの。

 

そうか、自称でもいいじゃないか、と。

 

それから少しずつ

自分のことをエッセイストだと信じ込ませようとしている

誰に迷惑かかるわけでもないのだし、

誰かに公表するわけでもないのだけど、

心の中でそっと

私はエッセイストです。

とつぶやいている。

 

以前酔っぱらって気持ちがよくなった時に

何度か言ったことがある

 

「50歳くらいになったらエッセイでも書けるようになりたい。

エッセイが書けるように人生を日々生きていきたい。」と。

 

それはたぶん20代のころ思っていて、その時は50歳なんて遠い未来と思っていたけど、いつのまにかもう35歳。

50歳はさほど遠い未来でもない。

20代のころエッセイストを思ったあの時から今日まで、

エッセイストに近づく何かをしたかというと、自称エッセイストをひらめいたことくらいだ。まずい。自称で終わる。

 

というわけで、もう少しまじめにブログを書いて書いて書いて。

とにかく書こう。

 

そうして夢は自然豊かな静かな湖畔の森の影で、

エッセイを書いて、自給自足的な生活をすること。

大きな犬とともに。

Mosquito Lake

 

今二歳のぼうやが20歳になるころ、あたくしは53歳なので

あら、ちょうどいいじゃない。