あんにゅいじゃなきゃ、、、いや

ほそぼそと3年目、これからもぼちぼちと

アプリでないフリマに参加してみたら子どもも遊べる粋な休日になったよ

もう着ない

タンスから出して袋にひとまとめにするとこまではできたけど

その後部屋の隅っこに放置

何ヶ月もそのままだった

 

よし!

新しい服を買う前にきちんと処分しよう

区のリサイクル回収に出してもいいけど

ちょっとだけ売れそうな気もするんだよなぁ

フリマアプリか?

 

どうやったら売れるのか

なになに?

他の服と合わせてコーディネート写真を作るといいって?

着古してきた自分の服でそんなことするのは些か恥ずかしい

リサイクルショップに持っていったってたぶん買い取ってはくれないだろう

 

はてどうしたものか

恥ずかしくても、フリマアプリかなぁ

 

そんなことを考えながら夕方ぼうやと散歩していると

フリーマーケットのポスター

出店者募集、参加費500円

 

明後日、これだな

 

帰ってすぐ連絡をとると

まだ受付中とのこと

 

久しぶりのフリマ参加

ティーンの頃は何度か参加していた

他になにか売れそうなものはないか部屋中探してみる

夫の着ない服も持って

お釣りを用意して

メモとペンと水筒と

キャンプ用に買ったテーブルと椅子

それらを用意して

いざ、当日

 

雨が降っている

天気予報だとこの後晴れるらしい

主催者も決行するというので雨が止むのを待った

 

見事にやんで

予定よりもゆっくりスタート

 

目玉商品は革ジャン

家では5000円で売れるかな?

売れなくてもいいし、強気でいってみようかな

 

そんな風に思っていたけど

いざ売り物として改めて見ると5000円の価値には見えない

革ジャンだけじゃない

すべての持ってきたものたちが

家から飛び出して日の光の下みると

どれもこれもみすぼらしい

穴があったら入りたい…

 

けれど家族を巻き込みやってきた

せめて参加費の500円はもとをとらねば!

鈍感力

持ってきた服を丁寧に並べる

さぁさぁよってらっしゃい!

みてらっしゃい!

 

律儀に、みてくれる人全員にこんにちわ!

挨拶してみたらこれはよろしくなく全員逃げていってしまった

作戦変更

文庫本を読むことにした

どうぞご自由にご覧ください

あたくしは本でも読んでますんで…てな具合で

 

ちょこちょこ売れるもんだ

本を読みながら他の出店者からコーヒーとお菓子を買ったり

お昼になったらビールと焼きそばを買ったり

その間夫とぼうやは近くの公園でたくさん遊んでいい休日じゃない

 

Market

 

結果売り上げは3000円ほどになった

 

次は春にやるんでぜひ

と、主催者の兄さん

春に向けて実家からも探してこようかな