あんにゅいじゃなきゃ、、、いや

書いて排泄、脳内整理

4人かぞくになりました。

一日中強い雨が降り続いた日の夜遅く、女の子を出産した。

疲れ果てて眠って、翌朝起きたらとってもいい天気になっていて嬉しかった。

  

誰とも面会できないさみしい入院期間を経て、母子ともに退院し我が家に帰ってまいりました。うれしい。

そうして始まった家族4人の生活。

 

ちょうど仕事が激減していた夫は2週間の育休を取得してくれて、その育休がちょうど始まってすぐというベストなタイミングで産まれてくれた娘。

 

父と息子、男だけの生活の痕。

好きなもんを好きな時に食い、眠くなったら寝て目が覚めたら起きて、おもちゃなんか片付けないぞということをしていたのであろうなという空気が部屋中に漂っている。

それでも私が怒るから、とりあえずきれいにしてくれたようだ。

 

 

片付けたい。

掃除したい。

という衝動をぐっとこらえて今は休む時と、私はなるだけ横にならせてもらっているが、やはりどうしても我慢できず口をはさむと倍返しを受ける。

 

俺には俺のやり方があるんだ!

 

まぁ、仕方ないさ。

今は休むときさ、あと数日さ、数日したら動いてさ、好き勝手掃除したらいいさ。

今無理して動いたって長引くだけさ。

いいことないさ。

と自分に言い聞かせて夫にまかせて寝る。

 

そんなふうに言い合いを重ねて数日、ようやくお互いやり方がわかってきたように感じる。

 

 

 

よりわがままがパワーアップした上に、ようやく会えた妹に興奮気味で、だけど母ちゃんを独り占めできない悶々が生まれて情緒不安定な3歳児に1番手を焼いている。

妹への愛が強すぎて、顔をペタペタキスし放題。周りをぐるぐる回って、抱きしめようとしてあんまりしつこいと殺されんじゃないかとついつい声を荒げてしまう。

 

男2人が散歩に出たら私も娘もようやく安心して昼寝ができる。

すやすやとよく寝てくれる子のおかげで私の体の回復もすごく早い。

 

言い合ったり、怒ったりしながらも毎日楽しく暮らしている。

4人になって、家族の空気は少し変わった。

楽しい変化と、少しさみしい変化とあるけれど全部いい刺激。

来てくれてありがとう。

 

 

f:id:nemunk:20200602191037j:image